トップ > 脱毛全般の知識 > 光脱毛の仕組みとは

光脱毛の仕組みとは

以前はムダ毛の処理といえばカミソリや毛抜きで自己処理をするのが主流でした。 ところが最近では脱毛というと、脱毛サロンやエステサロンでの脱毛を指すことが多いです。 そして現在最も人気のある脱毛法といえば光脱毛です。

ここで光脱毛の仕組みについて説明したいと思います。 光脱毛は文字通り光を使って脱毛する方法になります。 黒い毛に光が当たると熱エネルギーになり、その熱エネルギーが毛根まで伝わることで毛が抜けます。 光脱毛をしてすぐに抜ける毛もありますが、多くの毛は数日してから抜けてきます。

光脱毛は毛の黒い部分に反応して脱毛するのですが、人の毛というのは全ての毛根から毛が生えているわけではありません。 全体の3分の2程度は毛が生えておらず休んでいる状態です。そのため、光脱毛を受けても3分の2の毛根に対しては影響がないのです。 人の毛は毛周期というサイクルにそって成長したり休んだりしています。 毛周期は成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返すことです。 光脱毛では成長期の毛根にだけ効果があります。 毛周期が経過すると休止期で休んでいた毛根から毛が生えてきます。 そしてこの毛が生え揃ってきたところで脱毛の施術をします。 これを何度も繰り返すことで、全ての毛根に対して脱毛処理ができるのです。 これが光脱毛の仕組みです。

光脱毛は1回で終わりだと思っている人もいるかもしれませんが、それは完全な誤りです。 先程も述べたように毛周期の関係で、全ての毛根を処理するには何度も施術を受けなければいけないからです。 光脱毛が完了するまでには、少なくとも早い人で5~6回は施術必要だと思っていた方が良いです。 脱毛効果の現れ方は個人差があるので、平均すると10~12回くらい必要になります。 毛質や肌質によってはこれ以上の回数が必要になることもあるでしょう。

脱毛を効率的に早く終わらせるためには、毛周期に合わせて施術を受けることが必要です。 ですから、希望日に予約できないようなサロンは致命的だと言えるでしょう。 脱毛サロンを選ぶ際には予約の取りやすさもチェックしてください。

毛周期は部位などによって異なりますが約2~3ヶ月と言われています。 そのため、2~3ヶ月ごとに施術をすることで効率的に脱毛ができます。 脱毛サロンでは2~3ヶ月ごとに施術をするプランが多いのはこのような理由からです。

月額制サロンなどは毎月通って施術を受けるプランもありますが、このようなプランでは同じ部位を処理するのではなく、違う部位を処理します。例えば、キレイモの月額プランでは毎月来店して、全身の半分を脱毛します。2ヶ月で全身の全部位を脱毛することになるので、毛周期に合わせて効率的に脱毛できることになります。

以前はムダ毛の処理といえばカミソリや毛抜きで自己処理をするのが主流でした。 ところが最近では脱毛というと、脱毛サロンやエステサロンでの脱毛を指すことが多いです